調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


我が家の田んぼも、昨日の作業で全ての田植えが終了しました~(^^ゞ

スポンサーサイト



昨年、親父が他界し・・・お袋と二人三脚の最初の春。

この時期、田植えの準備作業からその後の作業時間の捻出に奔走しております。

幸いにも、先週末で水を入れる前の田起しの工程は終了しています。その後、順を追ってお袋が田んぼに水を入れております。私も本業の傍ら、農作業の時間は優先的に確保しようと頑張ってはいますが・・・

明日も朝から複数の官公庁で諸証明書を発行してもらい、午前中には某官庁等々二箇所に某届出やら某申請やらを行います。とんぼ返りでお昼までには、某クライアントに見積書を提出し、お昼は、某企業の時期後継者とのランチミーティングの予定があるのでした。

そして、やっと午後には水を入れてある田んぼに、今シーズン初めての代掻き作業にトラクターで向かうのでした~!ъ( ゚ー^)

おっと、トラクターのタイヤの空気圧が心許無いので、田んぼに行く前に近所のガソリンスタンドにトラクターを横付けし、エアーチェックをするのは必須項目なのでした~^^;



前回から、4ヶ月近くほったらかしにしちゃってました~(^^ゞ

昨年も同じくらいの時期に、4ヶ月くらい耕耘作業が出来ずにいましたっけ!?



稲刈り後の田起こし、すなわち、耕耘作業を雨に降られる前に行うことにしました。('-^*)ok

これまでも、本業の隙間隙間に時間を捻出しては行っていますが…草も生えれば、刈り倒した株や藁の処理のためには、ここらで二度目の耕耘が必要だと判断した次第です。

もう1日どこかで時間を作り作業出来れば、第2クールの田起こしが終われるのですが…(-_-;)

すると、最悪、年末あるいは年明け早々まで耕耘作業が出来なくても、まあまあ大丈夫そうなのでした。当てずっ歩な経験則ですけど。(^^ゞ



8月の最終週は・・・

稲刈りのため本業は“節電モード”に移行を余儀なくしておます!σ(^_^;)?

可能な限りクライアントに迷惑を掛けない配慮は準備しましたが、それでも至らずご迷惑を掛ける場合はあろうかと…

ご理解宜しくお願いします!m(_ _)m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。