調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
経費削減が大前提にあり、昨夜の会議出席者のほとんどがパソコンを持参。私は根強くアナログ派というか、紙資料を捲りながら気付いたことはメモを書き込むというのが性に合っているのですが、予めダウンロードした資料をプリントアウトするのが膨大な量になる為断念。初めて会議の場にノートパソコンを持ち込んだのでした。

ファイルの開け閉めや多数の資料に目を通すのがもたもたしましたが、メモ書きにしろ色を替えてどんどん余白に文字を打ち込めるので、従来の会議と然程大きな違いはありませんでした。これも時代の流れと慣れて行こうと思いました。

こういうスタイルが習慣化されれば、本当に便利で無駄が無くなると考えずにはいられません。しかし、どこでも電源の確保が最重要になって別の心配は出て来ますがね。
スポンサーサイト
感覚的なものですが、職場に装備されてることは珍しくないでしょうし、各家庭においてもインターネットの接続環境を含めて、ほぼ100%に近いのではないかと思います。

現在、私は二つの役職に就いていますが、どちらも頻繁な連絡のやり取りはメールですし、会議の資料や必要な書類もHPから適宜ダウンロードしたりしています。これに慣れてくると、FAXの送受信の煩わしさと紙の浪費が気になって仕方がありません。

また、自分から何かを発信する際もワードやエクセルを多用しますからそのまま添付すれば楽チンです。さほどパソコンに明るくない私も必要最小限のことならそれなりに使いこなせていますね~。(^^ゞ

家庭においては、電源を入れてパソコンの前に座る習慣と時間の有無が問題なのでしょうが、公私共に多少なりとも組織の一員であるならネット環境を含めて、絶対に整備すべき必要不可欠なアイテムと言えるでしょう。

携帯電話のメール環境では、沢山の書類ファイルは受信出来ないでしょうから・・・
20060222220913

噂の薬を処方してもらい、早期発見早期対応が功を奏し、延べ二日くらい寝込んでそれなりに復活しました!
市民ランナー的な気楽な参加自体、実に五年ぶりのマラソン大会でした。私よりも明らかに年配層の元気な姿が印象的でした。

私自身、比較的若い市民ランナーを抜き去る場面は意外とありましたが、最後には年配のお父さん世代の方に、これでもか~ってくらいに抜かれまくりました。

10キロの距離になりますと、日頃それ程トレーニングしてなくても、若い方は前半十分に速く走れます。でも、中盤からの失速とスタミナ不足は顕著に表れてたと思います。

とまあ分かったようなこと言ってる私も同じように見られていたのでしょう。
20060219185112

昨夜は、久しぶりに繁華街に出勤。(^^ゞ

あまり気は進まないお店でしたが、馴染みの女の子が長いお休みから明けてバレンタインのチョコを準備してるとの連絡あり。

特にチョコに釣られた訳ではありませんが、前に入れて忘れていたボトルの存在を知り足を運んだのでした。

だいたい、夜の女の子がピンポイントにチョコを準備するとは思いませんが、もらえるならもらっとこうかと。

同じ夜、悪友も分散してそれぞれ馴染みのお店に出勤していた様でした。そちらにも合流したかったのですが、翌日は10キロのマラソン大会を走るので諦めました。

それでも、午前一時を過ぎた夜の街をご機嫌に帰る私が居たのです。
昨年末にパソコンデーターの引越しをしていたのですが、どうしても古いパソコンの中のプログラムを立ち上げて処理しなければいけない案件が持ち上がりました。処分するかどうかを検討していたパソコンでしたが、今後も頻繁に使うかも知れないからとディスプレイ切替器の購入を決断し、何とかセッティングを完了させました。

しかし、ケーブルの必要性に全く気付かず無駄な動きをしてしまいましたね~さらに、私自身パソコン系の知識は素人以下と自負しますから、些細なことでもあれこれ友人に連絡しては解決しております。きっと本心では迷惑してるだろうな~いつもアリガトm(_ _)m

ところで、私の行った家電量販店はパソコン用品が少々散らばり過ぎに感じたのは気のせいか?先の買い物を例にとると、ディスプレイ切替器とケーブルは必需品同士のはずが、全く違う場所に陳列されていました。

一通りは自分で探すのですが、結局は店員を捉まえて案内してもらうのでした。(´ヘ`;)
マツダのMPVという車が、低く格好良いスタイルで生まれ変わりました。前モデルの完成度も高かったのですが、ホンダのオデッセイに真っ向から勝負を挑んだ結果だと思うのは私だけでは無いはず。

各メーカーの車作りの考えや言い分は違えども、時代は断然スライドドアの利便性を受け入れて(特にミニバンは)いると思います。時代を牽引したホンダのオデッセイは、近い将来転換を迫られはしないだろうか…

オデッセイも現行モデルのコンセプトを維持するなら最終進化は…ひょっとして、タイプRの登場という水面下の噂話も現実味を帯びてくるかも知れませんね。
週刊誌のゴシップではありませんが、私自身も日本勢のメダル獲得は本当に厳しい(期待できない)状況だと思う一人なのです。

確かに、ポイントの決まりごとが観戦サイドには解りにくいのも事実ですが、単純に手足の長い外国勢に比べ、日本の選手はチンチクリンで技の映えが本人や応援サイドの贔屓目な視線とは裏腹に、世界クラスのアスリートとの差は歴然です。

でも、まあ持てる力で頑張ってもらいたいし、結果がどうであれ全力のプレイは観てる我々に感動を与えてくれますよね。(^^)v
20060211012411

車にて参加していたこともあり夜の街に消える仲間を見送り、私は自宅に帰って久しぶりに日本酒を嗜んでいるのでした。

今宵は、山形の「三十六人衆」をチョイスしました。これは、熱燗で飲んでも美味いと友達から勧められたものなのです。
年度末というのは何かと忙しく、個人事業主である私としては確定申告のことも気にはなってるし、仕事のみならずいろんな組織の中での役割も増えた為に、気の抜けない毎日を送っています。仕事とプライベートの二極化ならまだ易しいのでしょうが、最近方々の役付きを引き受けてしまう傾向が強いのも年齢的なものと・・・人徳?なのでしょうか?ヽ(´o`;)ノ

今夜も一つ会議があるのですが、実はその会議に必要な資料作りが手付かずの状態なのでした。少し仕事に区切りが着いたところなので、この後速攻で取り掛かります。

かつて、ランニングを趣味にしていた知人が言うのです。「そんなに忙しかったら全然トレーニング出来てないのでは?」全く、仰るとおりで週に一回のLSDと後一、二回身体を動かせてるかどうかでしょうね~走り込みには程遠いな・・・6(-_・;)

私たちの太鼓団体には、一つの年度の節目に「納会」というものを必ず開いております。お陰様で本日も無事に旧年を労い、次の年度の橋渡しが滞り無く終えることが出来ました。

若い世代の成長を促し、近い未来の我が団体の姿をどことなく想像してしまいました。社会の制約がどんどん厳しくなる年代の私ですが、自分が関われる範囲のことは、引き続き尽力いたします。
2006年もすでに一月が経過しました。もろもろ新年会や会合で、週末平日関係なく飲みまくってました。いや、現在進行形というべきか肝臓を休める暇がないほど、その状況は今尚続いています。

自己診断では、最近とんとビールが飲めなくなってきたと思うのです。飲みの席での一番最初は、ビールで乾杯というのが私達は多いのですが、ほとんどこの一杯だけで後は、焼酎か日本酒かワインか・・・

元々が、食べながら飲むという状況が少なかったので、付き合いの席での飲食パターンは私には馴染まないのかも知れません。少し酒の付き合いを減らしてもいいかな?と思う今日この頃・・・新年会気分も抜ける2月に入り、ささやかな目標を立てた私なのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。