調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
つい先日、ある文具店に立ち寄ったら「トプコンGPT-7000シリーズの」パンフレットが置いてありました。持って帰ろうかと一度は手にしましたが、“NEW”と表紙に書いてあるところを見ると・・・・それなりに古いね~もらわずに帰りました。(^^ゞ

20080531172854

写真は、2007年版測量用品カタログより

スポンサーサイト
自分の仕事で法務局に出かけては、地図整備作業の調査で局内に出入りする調査士事務所の方が気になります。何人かが順調に進めている様子に、当事務所も少なからず焦ってしまう。ヽ(´o`;)ノ

現在、他の業務の合間合間に地図地番の入力をしているが、明らかに昨年よりもペースが上がらない。なぜなら、地図整備委員会の方で準備していただいた公図の写しが見難くて、地番が判読できないものが多過ぎるのだ。原本がマイラー図であるにも関わらず・・・一通り入力が終わったら、登記簿調査の前に公図の原本との確認作業が必要であろう。(昨年度、和紙図の範囲に当たった方々の苦労が分かる)

ある事務所の方が「昨年の範囲よりもややこしく、調査対象物件が多過ぎる」と、私に話し掛けてきた。そんなことを聞かされるとうちはどうなんだろう?と気を揉んでしまうが、傾向を把握するまでには、まだまだ時間は掛かるかな~6(-_・;)

週末は、いっちょ地図整備の作業をメインにしてみるか!

ある業務において、お昼から予定されていた親玉クライアントとの打ち合わせが、先方の都合により大幅に遅れた。

結局、17時から21時まで時間の許す限り(あれよあれよで4時間みっちり)打ち合わせすることが出来、疑問に感じた部分は概ね解決したと思う。詳細に関しては具体的に業務を遂行する中で調整したい。

しかし、この業務は中間のクライアントが存在する形である為、絶対に美味しい仕事にはならない。ゆえに、採算ベースに乗る最低ラインの報酬確保は今後の話し合いであろう・・・それでも、親玉曰く「調査士さんの身になり割に合わない仕事にはさせたくない」とのこと。

資格者としての能力は充分に感じていただいてるのかな?と、少し救われた気がした。

20080525150248

日曜日だというのに仕事してます。

プレゼンテーション資料を作っていると言った方がいいのかも?

ここ数日紹介してる仕事の話ですが、順調に行けば来週の中頃に親玉クライアント(何とも失礼な響き)との打ち合わせに同席するのですが、資格者たる我々の必要性やら業務の難しさ等々話す機会があれば、積極的に突っ込んで行く所存です。

その為に、予測される標準的な業務の試算をしてみました。話を進めるにも叩き台が無ければ要領を得ないと判断したからです。ケツを割るのは簡単かも知れませんが、乗りかかった船がドロ舟でないことを信じ、何とか納得できる仕事に発展させたいと思います。

既存資料の解析から今後の作業計画を立て、費用計上の根拠を分かりやすくする為にさらなる別資料を作成したり・・・

ほんまこれだけ関わっては、ケツを割る訳には行かなかったりします。
昨日は、県下調査士会の定時総会でした。

重要な審議事項には積極的に耳を傾けておりましたが、休憩時間等を利用し可能な限り展示コーナーに足を運びました。ここぞとばかりに疑問に思ってる部分を質問してみても、ちょっくらディープなことが多いもので、上手く返事がいただけないブースもあったり・・・

20080525092023

光波測距儀の展示に関しては、モーター駆動のものばかり・・・私的には「もうええわ~」って感じで、別体式の電子野帳とかをもっとアプローチしたら良いのにと思いました。“見た目は型落ちの下級光波でも街区基準点測量に充分対応できる”とかね。

道具は、使い手によって100%に近い性能を引き出せたりするものです。私どもはせいぜい2~30%の部分で仕事してるのかも知れませんね。

さて、写真はゴミ箱の肥やし・・・じゃなくって、各社のGPS機器のカタログです。

今後の研究対象ですが、一目見て感じたのがRTKを考えた時、受信機がアンテナと一体型(さらに少し大きめ?)だったのですが、これまた個人的な意見では、重量バランスとか考えると別体式の方が利便性は良い様に思いました。もちろん、メーカーによっては別体式のラインナップもありますが、主流は一体型なのかな?

20080524100844

先日も話題にしたある仕事で、自分が収集した資料とクライアントから提供された資料の解析に余念が無い。残念ながらこの作業は明確に報酬に繋がるかどうかは分からない。

しかし、調査士としての血が騒ぎ中途半端が嫌いなので徹底的に精査している。また、要領を得ない直属の担当者から、さらに親玉のクライアントとの打ち合わせに同席願いたい旨打診された。

実は予てより、もっと話の分かる人間と接触したいと腹の中では思っていたので、この要請は願ったり叶ったりかも知れない。

調査士の目に掛かれば、いろいろ問題点が容易く浮き彫りになるものです。言い換えればそれへの対応が一早く協議できるというもの。
先週末から今週に掛けて法務局に入り浸っては、地図整備の調査と酷似した個人業務を進めていました。その調査結果を今日の午前中にクライアントに報告し、今後の業務遂行の打ち合わせをしてきました。

しかし、直接の担当者の知識は心許無く、報告内容をどの程度理解していただけたのだろうか?これまでの打ち合わせでも、どこか机上の空論に振り回されてイライラが募っていましたが、何とかものになりそうな4物件に限り、見切り発車で午後から現場確認に。

↓写真はその内の1現場です。


何となくこんな状況を想像していましたが、官民境界らしき部分は草むらの中。公図と対比し地番を当てはめようにも全く地形的な手がかりも乏しい・・・

ここの仕事を進めるには、まず草刈りから始めなきゃヽ(´o`;)ノ
20080525153238

整準台の部分がシフティング式と着脱式のことを、三脚の視点から別の言い方をしてみました。細桿にしても私は“着脱”式というのですが、“脱着”式と言われる方が思いのほか多いな~と思う今日この頃。

さて、前から頻繁に話題にしていましたが、街区基準点の取り扱いにより調査士の分野での基準点測量も動き出しました。そこで、シフティング式のTSならシフティング式の1素子をチョイスすべきで、着脱との混在は好ましくないとの考え方を私は持っています。

もっとも、頭を入れ替えることなく全てを同時移動で観測するなら問題はありません。

しかしながら、ある販売店の営業よろしくその混在セットを安易に導入し、基準点測量に臨まれた同業者の嘆きが耳に入ってきました。そのような事態を容易に想像できたか否かは自己責任になるのだろうか・・・

不都合に感じる部分を解消するには、近い将来「着脱式のTSに買い替えて下さい」と間接的に営業されてるようにも思う。いやいや、本来ならシフティング式の1素子を勧めるべきではなかったのか?

20080517155733

先月、ある現場で50本近く復元測量を行いまして、手持ちの在庫が乏しかったので今のうちに準備しておこうと思い立ちました。

以前だと使う本数が少なかったこともあり、赤くペイントするのはラッカースプレーでしたが、最近ではもっぱら水性ペイントで杭の頭を赤くします。この日は、60本準備しました。

木杭ですから仮設の境界標として、主に境界立会の前に打設します。

こういった復元作業を事前にやるのとやらないのとでは、その後の進め方に大きく響いて参ります。しかしながら当事務所の実績としては、「復元測量」の費用を計上せず請求することが多いです。あくまで境界立会を円滑に進めるための補足的な作業かと。







確か・・・“S6”の前身?





今年も義理と人情(笑)で、地図整備作業に協力することになりました。

数日前に受け取りました公図のコピーを索引簿と照らし合わせてコピー漏れがないかをまずチェック。その後、登記簿地番のリストをコンピューターに入力をし始めましたが、やはりこの作業は仕事と思っていては途中でパンクするだろうからと、気軽に考えて暇つぶし的に向き合うくらいにしました。

もちろん、暇つぶしな訳はありませんから・・・あくまでも“テイク・イット・イージー”は、私の自己防衛本能とでも申しておきましょう。

昨年に比べると調査物件の数も少なめなので、日常業務の隙間、隙間にこの作業の時間を割り当てても問題はないと思われます。さすがに一度経験してると余裕のコメントを書いてしまいますね。

昨日、今日とGWの谷間に一仕事終わらせることが出来ました。

クライアント先にて過去の成果簿を参考に、またその業務に精通した担当者に時折質問しながら、およそ10センチの厚みのチューブファイルに整理し、大まかな請求金額も把握することが出来ました。決して満足のいく結果は残せなかったのかも知れませんが・・・

でも、この成果簿を納品したことで、別件の新規調査に着手することが出来ます。

正直、クライアントからの指示内容も不味く、何度も法務局調査に出向くことは覚悟していますが、近所の法務局ですから段取りの悪い部分は容認できる範疇なのでした。

旨味のある仕事にはなかなか巡り合いませんが、どんな仕事でも全力で臨むのが当事務所の真骨頂であると自負します。クライアントの要望の120%を目指すつもりで5月も奔走します!ъ( ゚ー^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。