調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
年末に打診を受けておきながら、正式な受託には至ってない案件で概算の見積もりを示す必要がある測量物件が2件と、全くの新規物件で街区基準点測量が必要な案件が2件と、近日中に土地関係の見積もりを4件仕上げる必要があります。

4件中、2件は受託の方向ですが、どうせなら4件とも受託と行きたいところです!ъ( ゚ー^)

そんな中、もっか地図整備作業に邁進してるのかと思いきや~なかなか事務所に篭ることも出来ず、別件での打ち合わせに奔走しております。さらに、週末に掛けては受託を見込んだ打ち合わせもチラホラ。当然、地図整備が弾き出されるのは必至(笑)。

兎に角、3月末の年度末を過ぎるまでは、まだまだ忙しくなりそうです。すでに、いくつかの仕事をお断りする事態も発生しております。

スポンサーサイト
20090112122409

世間は三連休の企業も多いかとは思いますが、超零細企業のうちとしましては普通に仕事してたりします。休みが無いほどに仕事が充実してるというのは、誤解されがちですが決して潤っている訳ではありません。

さて、連休の前半は年末から続いてました大規模測量の内業を主に行っておりました。いささか、私の関わらないところでまたまたイージーなアクシデントが発生してたりしますが、起こってしまったことは仕方が無い。最善の打開策を講じるのみ・・・

そして、連休後半はほったらかしの「地図整備作業」に着手。今日のメインは、字配置図と地図配置図の作成です。なかなか上手く仕上がらないのでイライラしてます。

当面はこの仕事を主にしますが、他にもほったらかしの仕事もありますので今月も忙しくなりそうです。

年末の現場作業では少々ドタバタ劇がございましたが、年内に基本的な観測を終了させては、データの整理と点の記用の写真の整理を終えておりました。そして、年が明けて最初の一週間は事務所に篭って内業に明け暮れていました(笑)。

おかげで、他の班と比べ10日から2週間は遅れていたのを取り戻せたと感じています。

厳密網平均計算を数パターン実演し、最良のパターンを決定しては仮成果としての基本計算書を打ち出しました。また、同じ班の方と検算をする為の資料からデータ作りにと邁進しておりました。

運悪く、当事務所のシステムとその方の事務所の測量CADシステムが違うので、あれこれ情報収集を続けてる最中ですが週明けには何らかの道筋が立てられることでしょう。

最終的な成果物に関しては、詳細が決まっていないようですから、まだまだ、もう一つか二仕事くらいは覚悟しておりますが、大きな峠は越せたと自負します。200点近い点の記も無事作成出来ましたし、来週からは純粋に自分の仕事に取り組めそうです。

20090105171509

本日、点検のために自身のGTS-605を業者に預け、代わりにGPT-3005WFを置いていかれました。別に、しばらく現場測量の予定はなかったので「要らない」とは申しましたが、形式的に受け取ることにしました。

しかし、シフティング式(センタリング式)の器械しかなかったのか、着脱式ユーザーには着脱式のレンタル器を送ってくれたらいいのに。ヽ(´o`;)ノ

ちなみに、太桿の三脚を持ち合わせていない私・・・後日配送するとのことで、今日は帰っていかれましたが、たぶん、使うことはないのでどうぞご自由にって感じでした(笑)。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。