調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
うちに出入りする業者の傾向として、他社のウィークポイントをリークしながら「弊社の扱うこの製品をお考え下さい」と・・・そんな営業の傾向にありますね~

私は、必ず自分自身で製品の良し悪しは判断しますし、例え、この先その会社がどうなろう(最悪、傾こうとも)とも全く意に介さず、自分の眼を信じております。

そんな訳で?最近、お付き合いする業者の比重も変化してますね。

残念ながら遠く離れた県外のある業者につきましては、ものすごく信頼してるのですが・・・現実的には、取引をする関係には成り得ません。(ちょこちょこ取引はしてますが)

「自然淘汰・・・」

立場変われば、私のような“超”零細起業者も自然に淘汰されかねない訳で・・・人の振り観て我が振り直すとしますかね~

スポンサーサイト
20090603214010

20090603214013

こちらのブログ、久しぶりの投稿となりました。放置するにも程がある?

今日の午前中は、登記基準点を3点と補助多角点を2点設置して、あっと言う間に過ぎて行きました。観測は、また後日。

午後は、隣町の役場へ街区基準点のデータの入手の為車を走らせてました。何と窓口で応対してくれたのは、高校の同級生でこの4月に着任したそうです。平成の大合併により本庁への転勤もありの様子。

データ検索システムが少々難ありなのか、結局、1時間近く待たされました。その後、現地を下見し予め作成した基準点設置計画と照らし合わせます。しかし、今回私が使いたかった基準点が、すでに2点も忘失しており参りました。

当然、さらに遠くの基準点を利用しなければならなくなり、一筆地の測量よりはるかに労力が掛かろうかと…さすがに、今回は基準点測量は別料金をもらわねば。(-_-;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。