調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
人的ボランティアも現段階では、県外からの受け入れ態勢は整っていないようです。援助物資等も早々に送られているようですが、現地での仕分け配送の混乱もあり大変な様子。

私の生活拠点は、震災の地域からは西に大きく離れてはいますが、近所のスーパー、ホームセンターからいろんな物資が消えました。東京方面の買いだめ現象が報道されていましたが、ここでも同じ様です。しかし、援助物資として送りたいからと買いだめしたことも考えられ、一概に非難はすべきでないとの考えを私は持っています。

それでも、末端までの配送(手渡しに匹敵するほど)まで救援物資を責任を持って送り届けるルートが確保出来ない以上は、安易なレベルでの物的援助は得策ではないとの考えも持っています。

今、私に出来ることを一生懸命に取り組んでいます。

スポンサーサイト
目に付く部分では、スポーツ界を筆頭に様々な自粛ムードのさなか、この場には「能天気なこと書きやがって!」と思われるようなことをひょっとして話題にするかも知れませんが、甚大な被害が及ばず生かされている人は、これまでと変わらぬ生活(経済活動)をすべきと思い・・・予め、ご容赦願いたく思います。

私事ではございますが、宮城で震災に合われ一週間安否が確認できなかった友人と今しがた、共通の友人を介し無事であることが確認されました。しかしながら、多くの被災者の心中をお察しすれば・・・胸が締め付けられるのも事実です。

まずもって、この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々、また、お亡くなりになられました方々にご冥福をお祈りすると共に、心よりお見舞い申し上げます。加えて、一日も早く被災地の復旧及び復興を祈念しながら、私たちに出来ることを自問自答しつつ日々の生活を送っております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。