調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
標準的な営業マンの言葉や、杓子定規なデモンストレーションには私は心踊りません。

好意的な緊急召集にも関わらす、逆にご迷惑をお掛けするかな~?と心配しながらも、結果的に私の段取りした実験テーマにより大きな成果が得られました!(^-^)v

数回に亘りネタに書けそうな予感もしますから、小出しにしますが…

今後の考察ポイントその1、トプコンさんは一貫した通信システムの構築を怠りました?との疑いを少なくとも私は紐解いてみましょうか?

もっとも、私の感じたマイナスポイントは必ずしも弱点ではなく、利点なのかも知れないと懐の深さもチラつかせて上げますね~('-^*)ok

では、本編は…気が向いた時にでも、綴ってみようと思います!(^^ゞ

スポンサーサイト
知り合いの測量業者さんが、「トプコンのIS(アイ・エス)をデモしてもらうから・・・」との情報をいただきまして、自分のスケジュール調整が可能なら伺いますと・・・で、器械好きな私は当然お邪魔してきました。本当にお“邪魔”(営業妨害?)だったかも知れませんね~^^:




実に、360°プリズムが良いな~との感想を持ちました。後発の強みなのかライカやソキアのものに比べて、従来のΦ9mm(一般的なピンポール規格)で自由にスライドできます。ピンポールを継ぎ足せば地上5cmから何mでも(笑)。常識的なミラーの上げ下げでは一切支障はありません!ブラボー!!(ちなみに、ミラー定数は「-2mm」だそうです)


さらに、360°プリズムの上の縁、下の縁のラバーが常識的な安心安全な太さと気付き、観測の途中で堅いアスファルトに横置きしたい場面でも一切気にせずに置くことが出来るのです!ブラボー!!(ちなみに、お値段はこのミラー部分だけで、諭吉さん15人!?)


レンズ上部が広角カメラだと言っていました。その際、2つの小さなくぼみはトプコンの従来どおりのオレンジ色の点灯と点滅タイプのガイドライトであると・・・下級機種にはソキアの赤と緑のガイドライトが採用されたのですが、最新のISには採用されていないのが個人的には納得が出来ませんでしたが、そもそもISはワンマン観測主体の機器であり、その操作性はガイドライトを頼りにする必要性が全く無いからなのだろうと。


さて、IS上部を外していただき基台に眼をやれば・・・ソキアSRXとの互換性?で4つ穴が開いていました。トプコン機には一切関係の無い4番目の穴です(笑)。そして、予てから不思議に思っていましたが・・・整準台底辺から上部までの寸法は、従来のトプコン整準台の寸法と全く同じでした。すなわち、私の仮説のとおり従来のソキアユーザーとトプコンユーザーに配慮してあるということです。つまりは、整準ネジの三本の支柱の高さが、黄色とねずみ色で違いを設けてあるのでしょう。


データコレクターは、FC-100→FC-200→FC-250と進化していますが、見た感じは昔から一切変わっていません。しかしながら、FC-100やFC-200のユーザーさんには、順次FC-250への買い替えをお願いしてるのだそうです。先の機種の中では部品供給が終わっている部品もあるのだとか。単純にFC-200とFC-250は通信機能部分に差があるのだとかで、前者は諭吉さん33人で、後者は諭吉さん34人との値段に、然程差は無いのが良心的ではないでしょうか?もっとも、諭吉さん10人少々のプログラム代金は別途必要ですが。

「IS」に関して、意外とガッカリさせられた部分や、本当の意味で使い手を選ぶ器械だと(裏を返せば、ある使い方のみに特化したいのならISはアリかな)思いました。でも、ワンマン観測に特化しない場合ここまで高額な設備投資が妥当(アリ)なのでしょうか?後日、別の切込みをネタに書くかも知れません・・・


しばらく、ブログのあり方やインターネットを通じた情報交換の良し悪しに悩んでおりましたが、それらを超越して器械好き人間の血が騒ぎ久しぶりに記事をアップしてみました。当然、当方が直接知り得たことを主体に文字に綴り、必要な写真についても自分が写メし「ブログに使わせてもらいたい」旨の承諾を得て、この場に気ままにアップさせていただいています。


昨日も今日も強風が吹き荒れ、外仕事では測量機材の転倒も心配されます。

明日は日曜日ではありますが、基本的に平日、日曜日、祭日など関係なく稼働してる工場敷地の測量依頼がありまして、一番ご迷惑にならないだろう日曜日に照準を合わせて測量の段取りを進めておりました。

明日も風の強さは予測されますので、精密木脚を主体にスチール製木脚と・・・今し方、総数5本を車に積載したところです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。