調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


朝から、一つ現場踏査を行い、受託に至った時の測量基準点の配点イメージを固めています。その後は、刈払機を軽トラに載せて地元の出合いで草刈りに・・・

話を戻して、口頭では、もっとも当たり障りの無いスタンダードな価格を提示しましたが、測量対象地の半分は…山林ですやん?(@_@)

見積書は、何パターンも準備しながらも、安請け合いになることは避けたいと思っています。

最悪、同業他社に流れても、「頑張って下さいね」と激励したいと思ってます!('-^*)ok

スポンサーサイト

明日は、3現場で登記基準点(引照点)の埋設作業を予定してるので、資材の確認とハンマードリルくんのバッテリーを満腹にさせておきました!('-^*)ok


過日に相談された土地の分筆測量で、「対象地は単純な長方形で測量は簡単ですから」と聞いていた案件なのですが・・・当方なりに事前調査を進めると、DID地区(人口密集地区)内に位置し街区基準点測量を要する土地でした。

可能な限りの現地踏査を行えば・・・一番近くにあるはずの基準点が亡失しておりました。今し方、当方なりの新点の配点計画を完成させたところです。

また、当然のように境界測量の対象地は、形こそ矩形(大まかに長方形)なれども、コンクリートブロック塀やら、近隣との樹木やら・・・測量サイドの視点では測りにくい優良?物件でした。^^;

連休明けには、クライアント予定者との面談があり当方なりのプレゼン?を行う予定です。控えめながらも正式な受託にこぎつけたいものです!ъ( ゚ー^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。