調査士ぐっさんの事件簿

土地家屋調査士ってなんだ?そんな(どんな?)登記測量事務所を営むぐっさんの独り言ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
法務局は今日から仕事始め。

朝一で分筆を三件申請しに行きました。そしたら、年末に申請した登記が半分だけ出来ていました。その請求書が書けないまま、事務所に帰ってから遠方の測量業務の準備やら一月の日程調整をしてたら法務局から電話が。( ̄□ ̄;)!!

朝出した分筆登記の件でして、他所の法務局で再使用の証明をされた収入印紙は、そこの法務局でしか使えないらしく受け付けられないとのことで、慌てて印紙台紙の差し替えの補正に走るはめに。

その後再び法務局に走ることになろうとは…

帰っては、明日入る近場の測量現場の段取りをしてるところに、またまた法務局からの電話が。( ̄□ ̄;)!!

世界測地系の座標値で地積測量図を書いていたので不要と思っていたら、引照点の表記もしくは近傍にある三角点の表記が無いとのことで、地積測量図を差し替えるはめに。

明日から現場作業が続くので、何としても今日中に補正に走ることにしました。大急ぎで国土地理院から基準点データと配点図を入手し、地積測量図を作り直しました。その数は何と5枚。

そんなこんなで、どうにか閉庁45分前に滑り込みに成功。公務員の勤務時間が半年くらい前だったかに15分延長したのは大きいと思った一日でした。(;^_^A
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://goodsun.blog2.fc2.com/tb.php/631-531c3cfe

法務局
法務局法務局(ほうむきょく)は法務省の地方支分部局の一。法務省の事務のうち、登記・戸籍・国籍・供託・公証・司法書士及び土地家屋調査士、人権擁護、法律支

2007.01.24 06:55 | アヤの日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。